• HOME
  • 本科の特徴
  • 主な対象症状
  • 交通アクセス
  • 料金表
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

NEW TOKYO CLINIC AESTHETIC MEDICAL CENTER

しみ・くすみ

年齢とともに紫外線やホルモンの影響で、肌の透明感が失われ、“くすみ”でお悩みの方が多くいらっしゃいます。化粧品やエステで改善されなかった方にも、美容医療なら大きく実感できるはずです。明るく澄み渡る肌を手に入れてください。くすみを脱ぎ捨てて素肌に明るさと透明感を。

IPL治療

520~1100nmの幅広い波長の光を照射することによりシミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔等の肌悩みを総合的にケアできる治療法です。多少の刺激は感じますが、痛みは輪ゴムで肌を弾いているような程度です。1回でも効果を実感できますが、シミの大きさなどによっては、3~4週間に1度、5回以上の継続するとより効果があります。また真皮まで到達した光はコラーゲン産生をうながし、肌にはりや潤いを持たせ、肌質がよくなっていくことが実感できます。

美容点滴 ・注射

顔だけでなく、全身の美肌を願う女性に最適なのが、体に良い成分を直接血管に注入する点滴治療です。薬剤成分が、高濃度で全身に行き渡るため、内服薬より高い効果が期待できます。老化を予防するとともに、美肌効果もあります。全身の美白・くすみ・肌荒れ・乾燥肌・ニキビなどに効果を発揮するほか、疲労回復・腰痛・肩こり・脂肪燃焼などにも効果があります。

しみ(トレチノイン・ハイドロキノン)

当センターでは色素沈着やしみにも効果がある『トレチノイン』、『ハイドロキノン』の塗り薬を使用しています。ピーリング・肌再生作用の働きがある『トレチノイン』と漂白作用の働きがある『ハイドロキノン』を併用することで、表皮の深いところにあるメラニン色素をスムーズに排出し、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制します。しみをケアするとともに、肌表面の余分なものを取り除くことができます。

しみ取りルビーレーザー

皮膚に過剰に存在するメラニン顆粒を破壊し、色素沈着を改善します。ルビーレーザーはメラニンの吸収がよい波長(694nm)を用いており、効果的にメラニン顆粒を破壊できます。

レーザートーニング

非常に弱い出力でレーザーを当てることで、肌に余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しずつ減らしていく治療法です。照射時間は10~15分くらいで、回数を重ねていくことでメラニンの量が減少し、透明感のある肌になってきます。2週間ごとの治療を8回程度行うことでより効果が実感できます。肝斑や薄くぼんやりとした広範囲のシミに適しています。